読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジンメン【人面動物の反乱が恐ろしい】漫画ネタバレ感想

漫画『ジンメン』のネタバレ、あらすじ、感想、無料お試し情報、結末を書いています。

ジンメン2話【像のハナヨが怖すぎ!】漫画ネタバレ感想

>>1話のネタバレはこちらから

 

こんにちは

主婦のここあです。

 

漫画『ジンメン』という漫画を読んだので紹介します。

f:id:oktr57la:20170130162750j:plain

 

 

 

 

カトウタカヒロさんの作品で

現在1巻が新発売されています。

 

 

小さい頃から動物が好きだった主人公の

神宮 マサトは

 

 

親の都合で地元を離れることになったのですが

7年ぶりに帰ってくることができました。

 

 

当時よく行った動物園にも顔を出す

マサトですが

動物園の様子は当時とは

少し違った様子です。

 

 

全ての動物は気性が荒くなり

暴れている動物ばかりです。

 

 

園長の指示でそうなっているのですが

 

 

次の日に再び動物園を訪れたマサトと

幼馴染のヒトミは

とんでもない光景を目の当たりにします。

 

 

無料試し読みはコミなびでできますよ。

登録不要で読めるのでとっても便利ですよ。

 

 

まずは無料で読んで見てくださいね。

 

 

>>ジンメンを無料で読む方法はこちらから

 

 

 

ジンメン2話【像のハナヨが怖すぎ!】漫画ネタバレ感想

 

 

動物園の異常さに気がついたマサトは

友人の飼育員の中田さんを探して

 

 

像のハナヨのいる飼育小屋に向かいます。

 

 

しかしそこで見たのは

飼育小屋で倒れている中田さんと

 

 

一緒に檻に閉じ込められていた

園長でした。

 

 

園長は慌てた様子で助けてくれというのですが

その瞬間像の鼻によって捕まった園長

暗闇に連れ込まれてしまいます。

 

 

何が起きているか理解できないマサトでしたが

次の瞬間姿を現したのは

中田さんの顔をした像のハナヨだったのです。

 

 

ハナヨは

 

マザトぐぅん

 

 

とマサトを呼びながら檻を破ろうと必死になっています。

 

 

 

マサトは檻で気絶している中田さんを助けるために

自身が囮となりヒトミに中田さんを檻から出すように

指示を出します。

 

 

 

像との追いかけっこをすることになったマサトは

小さい頃によくハナヨの股の下で遊んだことを思い出し

 

 

再び同じことをしようとするのですが

 

 

 

子供だったハナヨと比べ

現在のハナヨの体格は立派な大人の像なのです。

 

 

 

マサトの顔の前にハナヨの足が降りてきます。

 

 

 

ぐちゃッ

 

 

何かを踏み潰したハナヨでしたが

マサトにはなんとか当たらなかったようです。

 

 

代わりに踏み潰されたのは

園長の頭

 

 

 

しかしハナヨの足は再びマサトを捉え

踏み潰そうとします。

 

 

>>ジンメンを無料で読む方法はこちらから

 

 

 

 

 

 

jinmenmanga.hatenadiary.jp

 

 

 

 

jinmenmanga.hatenadiary.jp